社会保険労務士 試験info>試験科目の概要

試験科目別の出題数

社会保険労務士試験問題は、各科目からまんべんなく出題され、選択式、択一式でそれぞれ下表のようになっています。
1問あたり1点の配点で、選択式で40点、択一式で70点の合計110点満点です。

<社会保険労務士 試験の試験科目と出題数>
試験科目 選択式 択一式
1.労働基準法および
労働安全衛生法
労働基準法 3問
安衛法 2問
労働基準法 7問
安衛法 3問
2.労働者災害補償保険法
(労災保険法)
労災保険法 5問
雇用保険法 5問
労災保険法 7問
徴収法 3問

雇用保険法 7問
徴収法 3問
3.雇用保険法
4.労働保険の保険料の
徴収等の法律(徴収法)
5.健康保険法 5問 10問
6.厚生年金保険法 5問 10問
7.国民年金法 5問 10問
8.労働および
社会保険の一般常識
労働一般常識 5問 労働、社会保険の一般常識から各5問の
計10問
社会保険一般常識
5問
問題合計 8科目から40問 7科目から70問

社労士の試験は8科目

社会保険労務士は、他の試験と比べると試験科目が多く、習得するのが大変ですが、各科目とも合格ラインが定められていますので、まんべんなく勉強する必要があります。
ここでは、8科目のおおまかな概要と、出題ポイントを取り上げました。

1.労働基準法および労働安全衛生法

A.<労働基準法>
この法律は、労働法の憲法と呼ばれており、労働者保護の立場から、労働条件の最低条件が定められています。

[社労士試験のポイント]
労働時間、休暇、賃金、労働契約、解雇などが主な出題範囲で、法律の条文だけでなく、告示、通達、判例などからも幅広く出題されます。
また、例外事項からの出題も多く、得点するのが難しい科目といえます。


B.<労働安全衛生法(安衛法)>
安衛法は、労働災害を予防するための、最低条件を定めた法律です。元々は、旧労働基準法の一部でしたが、分離独立しその内容を充実させて、1つの法律になりました。

[社労士試験のポイント]
日常では聞きなれない専門用語が、多く出てくるため、なかなか習得には時間がかかります。
しかし、労働基準法と一体で出題されますので、一通りしっかり勉強しておきたいところです。

2.労働者災害補償保険法

いわゆる「労災保険法」と呼ばれているもので、労働者の業務上や通勤途中の災害を、補償する法律です。

[社労士試験のポイント]
通勤の定義や、保険給付の内容がよく出題されます。
また、特別加入(中小事業主の労災への加入)や、特別支給金(保険給付以外の見舞金)の出題も多くなっています。

3.雇用保険法

会社を退職したり、会社の倒産で失業したときの失業手当(基本手当)や、再就職するための教育訓練などを、定めている法律です。

[社労士試験のポイント]
保険給付の内容である、基本手当、雇用継続給付、就業促進給付からの出題が大半を占めています。
さらに、法律で定められている、細かい数値(%や日数)についての出題も、目立っています。

4.労働保険の保険料の徴収等の法律

労災保険と雇用保険の徴収方法について、定められた法律で、略して「徴収法」と呼ばれています。

[社労士試験のポイント]
労災保険法と雇用保険法と一体で出題されます。ほとんどが保険料の納付手続きについての問題で、基本をしっかりおさえておけば十分といえます。

5.健康保険法

会社の業務以外の一般的な、病気、ケガ、出産、死亡などの補償についての法律です。

[社労士試験のポイント]
保険の給付についての出題が多くなっていますが、その他に健康保険法全般についての問題も多く、幅広く勉強しておく必要があります。

6.厚生年金保険法

サラリーマンの年金を対象とした法律で、老後の年金、障害者になったときの年金、死亡したときの年金など、3つについて定められています。

[社労士試験のポイント]
出題のメインは、老齢厚生年金の給付で、その次に遺族厚生年金、障害者厚生年金となっています。
特に国民年金にはない、厚生年金独自の給付についての問題や、厚生労働白書からの出題が最近目立っています。

7.国民年金法

国民年金は、国民全てに加入が義務付けられている年金で、基礎年金とも呼ばれています。

この法律では、老齢年金、障害年金、遺族年金の他、国民年金独自の死亡一時金、寡婦(夫)年金、付加年金についても定められています。

[社労士試験のポイント]
以下の3項目が、数多く出題される傾向にあります。
 ・被保険者・・・被保険者(加入者)の区分や条件
 ・保険の給付・・・支給要件、支給額
 ・独自の給付・・・死亡一時金、寡婦(夫)年金、付加年金

8.労働および社会保険の一般常識

労働では、労務管理、関連する法律、労働経済のジャンルから、社会保険では、社会保障制度、年金、厚生行政からの出題になります。
一般常識問題は、出題範囲が幅広いため、広く浅く勉強しておく必要があります。

[労働−社労士試験のポイント]
 ・労務管理・・・基本用語の出題(例:退職、職能給etc)
 ・関連する法律
   ・・・最低賃金法、職業安定法、労働者派遣事業法など8つの法律
 ・労働経済
   ・・・労働経済白書の中から、主に賃金動向、労働時間、労働人口など

[社会保険−社労士試験のポイント]
 ・社会保障制度
   ・・・国民年金保険法、介護保険法、社会保険労務士法など8つの法律
 ・年金・・・国民年金、厚生年金、共済年金の仕組み
 ・厚生行政・・・厚生労働白書

次ページ→ 試験科目の免除