社会保険労務士 試験info>労働に関する一般常識

労働に関する一般常識の社労士試験

この一般常識問題は、とにかく出題範囲が広く、関連する法律だけでも30個近くになっています。

社会保険労務士試験の中では、一番難易度が高く得点するのが、非常に難しい科目といえます。

また、関連の法律だけでなく、白書からの出題もあり、これらを全て理解するとなると、長時間の勉強が必要です。ですから、ある程度ポイントを絞った勉強で、対応せざるをえません。

選択式・択一式試験のポイント

■選択式 40問中5問の出題
■択一式 70問中5問の出題

試験の内容は、大きく分けて次の3つのジャンルからの出題となっており、マスコミや新聞で、話題になっているテーマが、よく問題になるケースが結構あります。

<1>労務管理
雇用管理、賃金管理、人事管理に関する用語の出題が多く、基本的な事柄をよく理解しておきましょう。

<2>労務関連の法律
主だった関連法規だけでも、パートタイム労働法、最低賃金法、育児介護休業法、男女雇用機会均等法、職業安定法、労働者派遣事業法などの他、いくつかの法律があります。

法律の数が多いので、一通りポイントだけをおさえて、勉強するとよいでしょう。なお、過去に何度か出題されたものもありますので、問題集で確認しておきましょう。

<3>労働経済
労働白書や経済白書の他、労働力調査、勤労統計調査などからの出題もあります。この労働経済も範囲が広いため、主に、労働時間、労働人口、賃金動向について最新データを勉強しておくとよいでしょう。

なお、社会保険労務士の通信講座やスクールでは、白書対策として通常の講座とは別に、「白書講座」を開いている所もあります。

◆◆◆◆
労働に関する一般常識で、高得点を取るのはまず無理といっていいほど、難易度が高くなっています。

社会保険労務士の合格者でも、この科目で得点できるのは、1〜2点という方も多いようです。

ですから、ポイントを絞った基本的勉強にとどめ、もう一つの一般常識問題である「社会保険の一般常識」で、得点を稼ぐ方が賢明といえます。

次ページ→ 社会保険に関する一般常識