社会保険労務士 試験info>社会保険労務士の勉強の順序

社労士の勉強を始める科目の順序

社会保険労務士試験は、8科目からの出題になっていますが、大きく分けると「労働保険」と「社会保険」の2つのジャンルに、区別することができます。

それぞれのジャンルの科目は、お互いに関連性が強く、勉強順序を間違えると、非効率的になってしまいます。

そこで、効率的な勉強の順序を取り上げました。(なお、労働保険と社会保険では、どちらを優先してもかまいません。)

労働保険の勉強の順序

まずは、労働保険の基本である、労働基準法から始めます。労働基準法は、他の法律のベースであり、一番関連性が強く、社会保険労務士にとっては、一番重要な法律といえます。

労働基準法

労働安全衛生法(安衛法)

労働者災害補償保険法(労災保険法)

雇用保険法

労働保険料徴収法

労働に関する一般常識

*社会保険労務士の試験科目中5科目

社会保険の勉強の順序

社会保険では、健康保険法を初めに勉強するのがよいでしょう。この法律は、一番歴史のある法律で、国民年金法や厚生年金保険法は、この健康保険法を元に作られた法律といっても過言ではありません。

健康保険法をよく理解しておくと、他の2つの法律の理解がスムーズになります。

健康保険法

国民年金法

厚生年金保険法
↓ 
社会保険に関する一般常識

*社会保険労務士の試験科目中4科目

ポイント!

社会保険労務士試験の勉強は、上記の順序で進めるのが効率的で、一回目の勉強では、基本事項のみをじっくり学習しましょう。

一通り基本事項を勉強した後で、例外事項を学習すると、頭の中で内容が整理しやすくなります。

例外事項とは、法令集の中で(   )の中に記載されているのが一般的で、
「〜を含む」「〜を除く」などの表現になっています。

つまり、法律の基本として定められているもの(基本事項)に、特別に付け加えたり、または除外するものを、例外事項といいます。

次ページ→ 選択式試験とは