社会保険労務士 試験info>選択式試験とは

社会保険労務士の選択式試験

社会保険労務士で出題される選択式試験とは、いわゆる穴埋め式と呼ばれるもので、文章中の(   )の中にあてはまる語句を1つ選んで、解答する問題形式です。

選択式試験では、8科目でそれぞれ1つの問題文が出題され、1つの問題文につき空欄になっている(   )が5つあります。
8科目×5つの空欄=40問で満点が40点。

そして、(   )にあてはまる語句は、社会保険労務士の問題文1つにつき、20個の選択肢が用意されており、その中から選ぶようになっています。
つまり、合計8つの問題文があり、それぞれに5つの(   )があるわけです。

社会保険労務士の選択式試験の、持ち時間は80分間あり、1科目につき10分の時間配分になっていますので、落ち着いて取り組めば、失敗の少ない問題形式といえます。

また実施された試験で、正解率が非常に悪い問題については、救済措置もありますので、解けない問題があったとしても、気にしないようにしましょう。
それよりも、確実に得点できる問題で、間違いがないようにすることが、大切になってきます。

出題数と社労士試験合格ライン

社会保険労務士の選択式試験では、各科目ごとと選択式試験の合計点の両方に対して、合格ラインが設定されており、下表のようになっています。

<社会保険労務士の選択式試験の出題数と合格ライン>
試験科目 出題数 科目ごとの
合格ライン
労働基準法
労働安全衛生法(安衛法)
労働基準法 3問
安衛法 2問
各科目
それぞれ
3点以上
労働者災害補償保険法
(労災保険法)
労災保険法 5問
雇用保険法 5問
(最近は徴収法からの出題はありません)
雇用保険法
労働保険料徴収法(徴収法)
健康保険法 5問
国民年金法 5問
厚生年金保険法 5問
労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
労働 5問
社会保険 5問

選択式試験の合計得点が28点以上

*配点は1問につき1点で40点満点(40問)

この表のように、各科目3点以上で、なおかつ合計得点が28点以上が、合格ラインになっています。

このことから、不得意科目をなくすことと、比較的得点しやすい科目で失敗しないことが、重要になってきます。
(各科目で全て3点得点しても、8科目×3点=24点にしかなりませんので、得点しやすい科目で、確実に得点を積み重ねておく必要があるのです。)

次ページ→ 択一式試験とは