社会保険労務士 試験info>択一式試験とは

社会保険労務士の択一式試験

択一式試験では、各問題ごとに5つの文章があり、その中から適切なものを、1つ選び出す問題形式です。

7科目から、それぞれ10問の出題があり、合計70問となっています。配点は1問1点で、満点が70点。

社会保険労務士の択一式試験の、持ち時間は3時間30分(210分)で、単純計算すると、1問につき3分間の時間配分になります。
1問につき3分あれば、少し余裕があると思われるかもしれませんが、実際はかなり厳しいものになります。

社会保険労務士の模試に参加した方の感想でも、解答するだけで持ち時間ぎりぎりまで、かかったというのが多いようです。

特に最近の択一式試験は、長文の問題が多く、なおかつ、社会保険労務士として正確な知識が、求められることが多くなっています。

また、210分という長時間の試験ですから、集中力を持続するのもかなりハードといえるでしょう。

この対策として、日頃から問題演習で長文に親しんでおくことと、社会保険労務士の模試に積極的に参加し、時間配分に慣れておくことが必要です。

繰り返しになりますが、択一式試験は長時間の集中力と、時間配分の気配りが大切といえます。

出題数と社労士の合格ライン

社会保険労務士の択一式試験は、各科目ごとの合格ラインと、択一式試験の合計点の合格ラインの2つが、設定されています。
(選択式も同様に、2つの合格ラインがあります。)

具体的には、下表のように各科目ごとに4点以上の得点が必要で、なおかつ択一式試験の合計点が44〜45点以上必要です。

つまり、不得意科目が1つでもあると、社会保険労務士試験の合格は、非常に難しくなります。もし、不得意科目があるときは、少し時間をかけて克服しておきましょう。

<社会保険労務士の択一式試験の出題数と合格ライン>
試験科目 出題数 科目ごとの
合格ライン
労働基準法
労働安全衛生法(安衛法)
労働基準法 7問
安衛法 3問
各科目
それぞれ
4点以上
労働者災害補償保険法
(労災保険法)
労災保険法 7問
+徴収法 3問
雇用保険法 7問
+徴収法 3問
雇用保険法
労働保険料徴収法(徴収法)
健康保険法 10問
国民年金法 10問
厚生年金保険法 10問
労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
労働 5問
社会保険 5問

択一式試験の合計得点が44〜45点以上

*配点は1問が1点で、70点満点です。

各科目で全て4点得点したとしても、4点×7科目=28点にしかならないので、残りの16〜17点は、得意科目や比較的やさしい問題で、得点を稼ぐことになります。

できれば各科目ともに、6点+アルファの得点が可能になれば、社会保険労務士の合格は目前となるでしょう。

次ページ→ 通信講座|スクール